非正規店で修理するメリット

データを消さずに修理をしてもらえる

iPhoneのメインの機能は電話をかける機能になるでしょう。それ以外にもメールができたり、ネット検索やアプリなども利用できます。電話をかけるときは登録されている電話帳情報を使い、メールには重要なメールがたくさん入っています。カメラ機能で写真や動画を撮影して残しているときもあります。いわば小さなパソコンと言えます。このiPhoneが故障して修理をしてもらうとき、正規店に持ち込むと元通り使える状態にしてもらえます。しかし故障する前と同じ状態とは限りません。データの一部、もしくは全部が無くなっている可能性があります。それに対して非正規店はデータを保存しながら修理をしてくれます。一部戻らない可能性もありますが、大部分のデータを残してくれます。

非常に安い料金で対応してもらえる

iPhoneはスマートフォンで、生活に欠かせないアイテムと言えるでしょう。プライベートはもちろんビジネスでも活用している人が多く、使えなくなると生活がストップしてしまいます。故障した時には修理を依頼しますが、この時に正規店と非正規店を比較してみましょう。正規店はどこから申し込んでも料金は同じです。非正規店は業者ごとに金額が異なり、安いところを探せばかなり安く修理してくれるかもしれません。正規店で修理をしてもらうときは保証サービスなどに入っていると多少割引が受けられます。その割引を受けたとしても非正規店の方が安く修理をしてもらえるケースが多いです。トラブルの状態によって異なりますが、数千円以上非正規店の方が安い時もあります。

iphoneの修理を銀座でする場合、事前に予約を取ることが大切です。順番待ちに何時間もかかってしまっては疲れてしまいますし、時間を作ることも難しくなります。少しでも負担を軽くする為に予約は必須です。