正規店で修理するデメリット

時間に余裕を持って依頼しましょう

iphoneを修理する際には正規店に依頼するという人も多いでしょう。安心感がありますし、確実にトラブルを解決できるといったメリットがあるのです。ただしデメリットも少なからずあります。その一つが、一度修理に出すと直るまでに時間がかかるという点が挙げられます。早い場合でも一週間はかかると考えておいて間違いないです。
非正規店の場合だと、多くはその場で修理をしてくれるため数時間で終わることも珍しくありません。ところが正規店では、お客から預かったiphoneをいったん工場に送り、そこで修理を行うのです。
しかも受け付けた順番に修理を行いますから、繁忙期だとさらに時間がかかることもあります。そこで一ヶ月くらいはiphoneがなくても良い、あるいは代わりのものがあるなどといった時に利用すると良いです。

高額費用がかかることがあるのです

非正規店なら数千円ほどで修理ができるような故障でも、正規店に依頼すると数万円かかる場合があるのです。非正規店は中古の部品、または社外品を使っている場合があります。中にはメーカーが推奨している部品を大量に仕入れることで安く手に入るため、修理費を抑えられるのです。だからといって、必ずしも正規店での修理が高額になるわけではないです。実は保証期間内であれば、非正規店並みかそれよりも安い価格で直してもらえます。ただ保証が受けられるサービスに加入していないと、この恩恵を受けられません。加えて勝手にiphoneを分解した、過去に非正規店で修理をしたなどの条件に当てはまる人は、保証が消滅するので注意しておきたいです。

iphoneの修理を吉祥寺で行っても、仕事終わりでも立ち寄れる時間まで営業されていますので安心出来ます。